栃の木と
5819b7b100d3312707001ffc 5819b7b100d3312707001ffc 5819b7b100d3312707001ffc

栃の木と

¥1,000 税込

送料についてはこちら

800字ほどの文と1点の挿画でつくられた「本」 柳田国男の『遠野物語』のなかで、随一の悲恋の言い伝えは 「金沢村の字長谷(ながや)は、土淵村字栃内(とちない)の琴畑と、背中合わせになった部落である」とはじまる。 そして、「天気のよい日には今でも水の底に、羽の生えたような大木の姿が見えるということである」と結ばれる。 生から死への時の移りが、宇野亜喜良の甘美な筆さばきで、一幅の絵に収められた。 栃の木と 『遠野物語拾遺』(柳田国男)より 画:宇野亜喜良 サイズ:縦192mm×横150mm 価格:1,000+税 2016年10月15日発行