デーモン
5fbdc666df51592d75dd7f90

デーモン

¥2,970 税込

送料についてはこちら

狂気に沈んだ画家ヴルーベリ、決闘の銃弾に斃れた詩人レールモントフ
ロシアの二人の天才が創造したデーモンの相貌   19世紀ロシアを代表する詩人レールモントフ。決闘により26歳の若さで亡くなった彼が12年間にわたって改稿を重ねた物語詩が「デーモン」である。流麗で疾走感あふれる詩行には、痛切な響きが宿っている。
「悪しき魂」の真摯な愛は成就することのない不可能な願いなのだ。
その詩に魅せられた同時代の画家ヴルーベリもまた、生涯をかけてデーモンの主題に挑んだ。モスクワのトレチャコフ美術館の「ヴルーベリの部屋」に架けられた大作「座るデーモン」の憂愁に満ちた姿は見るものを捉えて離さない。同じ部屋に飾られた「倒されたデーモン」に、ヴルーベリは展覧会場でも筆を足し続けたという逸話が残っている。
想いを遂げられなかった愛の苦しみを知る詩人と画家。その日々の刻印が、それぞれの「デーモン」となった。   訳者の前田和泉は現在、東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。著書に『マリーナ・ツヴェターエワ』(未知谷)、訳書に『通訳ダニエル・シュタイン』(新潮社)、『アルセーニイ・タルコフスキー詩集 白い、白い日』、アンドレイ・タルコフスキー『ホフマニアーナ』(共にエクリ刊)などがある。 デーモン   詩:ミハイル・レールモントフ 絵:ミハイル・ヴルーベリ 訳:前田和泉 デザイン:須山悠里   判型:A5判変形 横180mm×縦225mm 仮フランス装・網代綴じ 本文88頁(うちカラー8頁) 価格:2,700円+税 刊行:2020年12/10刊行予定 発行:エクリ