白い、白い日
5655ed4a3cd482d2de018331

白い、白い日

¥2,700 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

アンドレイ・タルコフスキー監督の作品「鏡」「ストーカー」「ノスタルジア」の中で何度か詩が朗読されて、映像にいっそうの深みを与えています。これらの詩の作者が監督の父、アルセーニイ・タルコフスキー。繊細で透徹した抒情性と汎生命論的な世界観を特徴とするロシアでは知らぬ者のいない第一級の詩人ですが、共産主義政権下では不遇の時代を過ごし、初めての詩集が出版されたのは1962年、55歳になってからでした。 アンドレイの「鏡」のシナリオの題は最初「白い日」だったといいます。本詩集はこの「白い日」をはじめ、端正で簡潔なフォルムと豊かさに溢れたアルセーニイの作品群の中から、映画で朗読された詩篇を含む25篇を選びました。 白い、白い日 2011年10月3日発行 著:アルセーニイ・タルコフスキー 訳:前田和泉 写真:鈴木理策 編集:落合佐喜世 デザイン:須山悠里 サイズ:B5判変形 ヨコ200mm×タテ180mm 頁数:94頁 並製本 ・仮フランス装 印刷:1C(88頁)+4C(6頁) 日本語 値段:2,500円(税別) ISBN978-4-9903308-7-3